買取審査員は「こんなバイク」を低査定にする!?

高価買取を宣伝文句とする買取業者ですが、当然全てのバイクが高価買取になる訳ではありません。高価買取となる事例は当然ありますが、多くはバイクの状況に応じたシビアな査定が行われることを忘れないでおきましょう。良いものは高く、そうではないものは安くなってしまうのは当然なのです。

では、買取業者さんはどんなバイクを低査定としてしまうのか? その点について少しまとめてみましょう。

【年式が古く走行距離が多い】

高価買取が行われるケースは、高年式で低走行距離というのが基本です。限りなく現行新車に近いほど高価買取というのが基本と覚えておきましょう。そして逆に年式が古く走行距離が多いほど、査定額は下がってしまうのが基本ということも、理解しましょう。

年式は、特にモデルチェンジ前後によって大きく査定額が変わってきます。数十万単位で変わってしまうこともあります。走行距離は、数千キロであれば高価が期待でき、1万キロ台となると平均的、2万キロ台となると一気に低査定となってしまう傾向にあります。

テープ起こし比較

状態や気持ちで変わる査定額

【バイクの外観が汚い】

査定をお願いするバイクが汚いと、低査定リスクが高まります。なぜかといいますと、バイクの外観が汚いということは、長らく乗っておらず放置されていた、または洗車やメンテナンスを怠っていたと思われてしまうのです。当然、そのようなバイクは外観のみならず、内部機関の不備も疑われてしまいます。買取後に整備のことを考えると、査定額を低くせざるを得なくなってしまうのです。

重要なのは、査定前だからといって見せかけの洗車をすることではありません。日頃からしっかりと洗車とメンテナンスを行っておけば、内部不備までを査定員に怪しまれることもないのです。

【オーナーに愛着が感じられない】

査定時の対応も重要です。「邪魔だから買取してくれ」という態度で仏頂面をしていれば、査定員も気持ちよくありませんし、気持ちを汲んで査定をがんばろうという気もそがれてしまうかもしれません。逆に「大切なバイクだけど、仕方なく……」という気持ちでいたらどうでしょう。査定員さんもバイクが好きな人間です。少しでも気持ちに答えようと努力もしてくれるはずです。

私事ですが、以前大型バイクを普通に買取査定してもらったら23万円が限界と言われてしまいました。ところが、自分のバイクに対する大切な思いと、下取いう条件を加えることで査定額は40万円まで伸びました。状況や気持ちだけで査定額は全然変わってくるものなのです。