低リスクでローン中のバイクを売却する方法

バイクを買取してもらいたい、もしくは下取してもらいたいと思うも、まだバイクローンの支払いが終えていないためできないと悩んでいる人は多いことでしょう。ローン中ということで、無条件で買取下取不可と思ってしまいそうですが、はたして実態はどうなのでしょうか?

【ローン中のバイクでも買取下取OK!】

結論から言うと、ローン中のバイクでも買取下取は可能です。ローン中を理由に断るお店もありますが、買取に積極的な業者であれば、何らかの手段を用いて必ずや買取や下取を希望するお客さんに答えてくれます。

本来、ローン中のバイクを第三者に売るという行為は違法となります。ローン中のバイクの所有権は自分では無いためです。人のものを勝手に売るのは悪いことですよね? 友だちから借りたゲームを勝手に売ったら友達は怒るでしょう。

ローン中のバイクを売るためには、まず現在組んでいるローンを組みなおすか、払いきってしまう必要があります。そこで買取業者さんが一旦ローンの残金を払ってしまい、新たにローンを組んで支払いをしてもらう形で、問題なく買取下取を行うことができるのです。もちろん、買取や下取額がローン残金を超えれば、その金額で支払いを終えるので新たにローンが必要となることはありません。

長財布

ローンの残高をしっかり確認

ただし、ローン中車両の買取の場合は、あらかじめ一括払いするにはいくら必要かをローン会社に聞いたり、買取先がローン車両を買取してくれるかを尋ねておく必要があります。ローン中にも関わらず、通常通りに査定をお願いしては後々面倒になってしまいます。

最も低リスクでローン中のバイクを売るには、ローンを組んだ購入店で買取下取をお願いすることです。状況もお店の人が把握しており、ローン会社のやり取りもお店が行ってくれます。他の業者よりも査定額が低かったとしても、スムーズにバイクを売るには購入店が一番です。

また、ローンを組みかえることで買取業者に買取してもらうことが可能だったとしても、利子が通常よりも高くなってしまうことも考えられます。利子の高さもを考えると、ローン中のバイクは査定額で一気に払い切れてしまわない限りは得策では無いかもしれません。ローンを組みなおす場合は、利子によりどれだけの支払い金額が残るのかをしっかり把握してからにしましょう。